健康なお口をつくる基本中の基本

歯を健康に保つには

「治療」から「予防」の時代へ

果たして歯医者は「歯が痛くなってから行くところ」でしょうか? 残念ながら、一般的にはそう考えている方が多いのが現実でしょう。しかし当院では、そのような「治療」ではすでに遅いと考えています。

虫歯も歯周病も、原因はすでにはっきりしています。プラークやバイオフィルムといった口腔内に棲む細菌がその正体です。これらを取り除くことで虫歯や歯周病は「予防」できるのです。そのために、当院ではお口の中の健康を保つ基本中の基本である予防歯科に特に力を入れています。

ブラッシング指導

虫歯や歯周病、口臭などの予防に毎日のブラッシングを欠かさない方も少なくないでしょう。しかし、間違ったブラッシングではプラークを十分に取り除くことはできません。ブラッシングをしっかりやろうと意気込むあまり力を入れ過ぎてしまうと、歯や歯ぐきを傷付けてしまう場合さえあります。

人それぞれに個性があるように、人それぞれに異なる口内環境があります。当院では、患者様一人ひとりの口内環境に合わせたブラッシング方法を指導しています。

PMTC

PMTCとは歯科医師や歯科衛生士が専門機材を使って、毎日のブラッシングでは取りにくいプラークやバイオフィルムを取り除くクリーニングです。あらかじめプラークを着色する素材を口腔内に塗り、どこにプラークが残っているかを調べます。その上で、プラークやバイオフィルム専用の洗浄用ペーストを塗布し、お口の中を隅々までクリーニングするのです。

毎日のブラッシングも大切ですが、定期的にPMTCを受けることによって、虫歯や歯周病などにかかるリスクは激減します。

フッ素塗布

フッ素という物質があります。近年では「フッ素入り歯磨き粉」なども販売されているのでご存じの方も多いでしょう。このフッ素には、虫歯や歯周病の原因となる細菌を除去する効果があり、さらに歯の表面のエナメル質を強化する働きも持っています。

このフッ素を直接塗布することで、歯を殺菌するとともに歯質を強化できるのです。またフッ素にはエナメル質を再生する効果もあるので、初期の虫歯治療にも使われます。

定期検診

虫歯や歯周病の予防に気を付けていても、お口の中は常に外気や食べ物や飲み物によって数多くの細菌が繁殖しています。そのため虫歯や歯周病の原因菌がお口の中に入ってしまうことはどうしても避けられないのです。

そこで重要なのが、虫歯や歯周病をごく初期に発見できる定期検診なのです。定期的に検診を受けることで、虫歯や歯周病を初期段階で発見し治療できるばかりか、その兆候があればPMTCやフッ素塗布などで未然に防ぐことができます。

当院では患者様に丹念な虫歯・歯周病予防とともに定期検診を受診されることをお勧めしています。